「セントラル・ドグマ」
中心的原理

「アルケミー・マグヌス・オプス( 本質を追い求めて)」から12年。
私の本質探しの旅はどんな過程で進んだのでしょう?
その軌跡と「アルケミー・マグヌス・オプス」の再考、
そして、これから歩もうとしている方向を示してみたいと思います。

1998年8月ウズベキスタン タシケント、計量直後(体脂肪率5%)

1章「ルネサンス」

近代ポスト
近代

2章「心身のルネサンス」

ハードとソフト
体脂肪コントロールと筋肥大を伴わない筋力獲得法

3章「夢をつかむために」

その1、現実を直視する姿勢
その2、理想と現実とのギャップをみつめる
その3、リーダーシップとマネジメント

4章 「アルケミー」

錬金術
黄金を手にして見たものは?

5章「マグヌス・オプス」


流通
業界
家族
流れ

6章「大いなるドグマ」

そのまなざし
再び近代
しつこくポスト近代(社会構造の変化)
そのまなざしの彼方

7章「体脂肪コントロール」

主体となって生きるために
自律への問題解決法
そして自律
社会構造に沿ったアプローチ
ミッション

あとがき